キャッシングは即日可能【キャッシング容易ドン】

そうなる前に

住宅ローンを滞納する前に

住宅ローンの支払いが厳しくなってきた、これから支払い続けるのが難しいと感じ始めたら、滞納する前にまずは返済計画の見直しや借り換えについて検討してみましょう。場合によっては住宅を売却するということも選択肢に入れておかねばならないでしょう。住宅ローンは滞納すると差し押さえ、競売と待った無しで進んでいきます。その前にできることは借り換えや売却などがあります。手元にできるだけ現金を残したい場合、多少のペナルティはありますが任意売却という方法もあります。既に滞納してしまい、もう競売しか残す道が無い場合は任意売却の相談を出来るだけ早くすすめましょう。競売物件は市場価格よりも大幅に安く取引されますが、任意売却は一般売却と同じように売却できるのです。

これまでの金利の推移

住宅ローンの金利は固定制と変動制があり、借りるときにどちらかを選択できるようになっています。固定であれば、例えば30年でローンを組んだ場合、30年間ずっと同じ金利で返済することになります。変動の場合は下がることもあれば上がることもあるため、借りた時に金利が低くても将来的には上がる可能性があることを考えておく必要があります。バブルの頃は金利がとても高かったのですが、景気の後退とともに金利も低くなりました。金利の低い時期に固定で住宅ローンを組むという方法が理想的ではありますが、変動であればもう少し低いため悩みどころとなるのです。住宅ローンはある程度余裕を持って返済できるようにしておくことは滞納を予防する対策となるでしょう。