料金の仕組みを調べよう

適切な日数なのかチェックする

簡単なリフォームであれば、1週間前後で終わらせることができます。
日数が短いので、費用もそこまで高くなりません。
しかし悪徳リフォーム業者には、簡単なリフォームでも1か月以上の長い時間を掛ける傾向が見られます。
すると、高額な費用を請求できるからです。
工事の日数が適切なのか、きちんと調べてください。

他の人の口コミを聞いてみましょう。
同じような内容のリフォームなのに、向こうの方がもっと短い期間で工事が終了している場合は、遠慮しないで日数に関してスタッフに尋ねてください。
間違っているだけかもしれませんし、きちんとした理由があることも考えられます。
適切な理由がない場合は、悪徳リフォーム業者だと判断してください。

作業する人員が多すぎないか

人件費におかしな部分がないか確認してから、リフォームを任せてください。
作業する人が多くなると、人件費が高くなります。
他の部分は安いかもしれませんが、人件費だけ異常に高い業者が見られます。
通常は、どのくらいの人数で取り組む工事なのか調べても良いでしょう。
通常より少ない場合も、気をつけてください。

人手が足りないので、作業が効率良く進まないかもしれません。
すると工事の日数が長くなって、結果的に相場より高い料金を請求されます。
リフォームの規模に応じて、適切な人員を確保していないと困ります。
元からスタッフの人数が少なくて、通常より作業する人が少ない可能性もあります。
スタッフの人数も忘れないでチェックしましょう。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る