キャッシングは即日可能【キャッシング容易ドン】

代わりに支払い

決済代行サービスを利用することのメリット

オンラインショッピングをするとき、昔は銀行振り込みがメインでした。しかし現在は、クレジットカード決済を選択する人がおよそ6割を占めます。そのため、ネットショップを運営するなら、クレジットカード決済をはじめ、コンビニ決済や携帯決済、電子マネー決済などに対応することがほぼ必須となっています。しかし、これらの決済方法を自力で導入することはなかなかハードルが高いです。クレジットカード決済ひとつとっても、Visa、Master Card、JCBなどの各種カードブランドとそれぞれ契約しなければなりません。 ところが、決済代行サービスを利用すると、決済代行会社1社と契約するだけで、その決済代行会社が提供しているすべての決済手段が利用できます。 契約の手間や時間を節約できるというメリットの他にも、管理システムを一本化できることや、コスト削減といったメリットもあります。

決済代行会社を選ぶときのポイント

決済代行会社はたくさんありますが、どういった基準で選べばよいでしょうか。 必ず確認しておきたいのが、必要な決済方法に対応しているかどうかです。例えば、携帯サイトに対応している、もしくは将来対応する予定のあるネットショップでは、携帯決済に対応している代行会社を選ぶことが必要です。後から決済代行会社を変更することになった場合、システム入れ替えによるロスが発生するので、将来を見越して必要な決済手段に対応している決済代行会社を選ぶことが重要です。 次に、管理システムの使いやすさや機能です。管理システムの使いやすさや機能は、事務処理の効率に関わり、人件費削減や繁忙期の対応能力につながります。 また、一時的にでも売上金を預けることになるので、決済代行会社の信用は重要です。万が一決済代行会社が倒産してしまったら、預けていた売上金の未払い・ネットショップ停止による顧客離れといった損失が発生します。